2022/3/24:エルデンリング日記追加しました更新記事へ

モンハンライズで翔け抜けろ!!新たな狩場を縦横無尽に飛び回る!?

スポンサーリンク

モンハンシリーズの最新作、「モンスターハンターライズ」がNintendo Switchのソフトで発売されて、しばらく経ちました。
私は夫と二人分購入し、サードパーティ製のコントローラーも揃えました。
購入された方はどこまで攻略できてますか?

[balloon_left img=”https://ilove-gamelife.com/wp-content/uploads/2021/06/toritouka.png” caption=”あやめ”]私、沖野あやめは主に週末、主人と二人でちまちま攻略しています。
今やっと集会所で★6まで来たところで、百竜の度に(主に私が)これ無理!!とかぶち切れてるのは内緒ですw[/balloon_left]

そんなモンスターハンターをまだ始めたばかり、もしくは買おうか迷っている方に、2Gから大体のモンハンシリーズを遊んできたオタク主婦がほんの少し背中を押せるようにご紹介していきたいと思います!

[ads]

目次

モンハン最新作!!ライズの拠点はどんな村?

私の操作キャラクター(笑) アイルーが居ない~~~

今回の拠点となる村は「カムラの里」
どことなく3rdの時のユクモ村に似た和風の村で、ステータスを上げる際にはです。
ユクモ村の時は温泉を使用するというのが面白かったことを覚えています。
あとは入り口辺りで卵を貰うことができたのも覚えている方は居るかもしれませんね。

たたら製鉄が盛んな村とのことなので、鍛冶が主産業という事になるんでしょうか。
村長の後ろには大きなたたら場があり、屋根の上の煙突からは黒い煙がもくもくあがっているのが見て取れます。
ちなみにたたら場の屋根には翔虫を使って登れるので、良い景色を眺めたい時はおすすめです!

今回のお供は今までも助けてくれたアイルー(猫)に加えて新しくガルク(犬)が居るのですが、里ではフクズクというふくろうのペット(笑)要素も追加されているので、里で餌をあげたりなでたり名前を変えたりと可愛がることが出来ます。
あと里の中で一部の屋根などに赤いこんなマーカーが出る部分があるので、そこに向けて飛ばすこともできるようですよ。

写真を撮ってもらうことが出来るのは把握していますが、後はどんな使い道があるのか…これから要素が増えていくかもしれません。
フクズクはお着替えも出来て見た目にも可愛いので、ちょっと休憩するときの癒しの存在としても優秀かも!?

[ads]

駆け抜ける速度が癖になる!!話題の翔虫とは⁇

里の中では翔虫使う利点があんまりない気がする…

フィールドであれば敵の上に飛んで切り下すことが出来たり、やたらと高い壁に上って行ったりとお役立ちの翔虫。
今回、目玉とも言えるシステムの鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)は武器によって固有の技があり、使いたい技によってどの武器を使うか決めるというのもいいでしょう。

私がメインで使っている双剣の場合は技を当てた場所に糸を巻き付け、糸がついている間は攻撃を当てるとその部分に追加ダメージが入り、糸が切れると同時に大ダメージを入れるというもの。
今回の双剣も爽快感はありますが、まだ操作的になれない部分もあるためかアイスボーンの時ほどでは無い気もします。

ですが全体的にモンスターハンターの操作に慣れていない人でも操作しやすいように感じ、今までのシリーズではちょっと難しいと感じていたお子さんやアクションが苦手な人にも、かなり遊びやすくなっているのではないでしょうか

[ads]

今回の狩場は5種類!!下位と上位で狩り分けろ!!

あちらでございま~~~す(笑) 狩り中に余裕なくてフィールド撮ってなかった!

私がこの記事を書いている時点で到達しているのは、画像からも見て取れるように一応上位である「集会所★6」です。
この後大ボスであるイブシマキヒコだのをボコっていくわけですが、一緒に遊べる時間が無い場合は村クエを各自で攻略しています。

村クエはおともを除いて一人で挑戦していかなくてはいけない為、わりと孤独なので私はちょっと苦手です。
いつもギャーギャー言いながら攻略していますが、旦那がよこでうるさそうに見てくるのがいたたまれません。

それはともかく、今回のステージは以下の5カ所のフィールドがメインになっています。
百竜夜行や闘技場などをの含むともう少し増えますが、そちらはちょっと特殊なため割愛ということでご容赦ください。

ライズのメインになるステージ5つ
  • 大社跡
  • 水没林
  • 寒冷群島
  • 砂原
  • 溶岩洞

これらの中で水没林、寒冷群島、砂原、溶岩洞あたりは以前のシリーズだと「クーラードリンク」「ホットドリンク」といった各地の気候に合わせたアイテムが必須でした。
しかし今作はそれが撤廃されているほか、武器の切れ味を回復させる「砥石」も無限に使える上に通常のアイテム枠を埋めないので(これはワールドからの仕様だったと思いますが)、準備や採取にも余裕ができるようになりました。

[balloon_left img=”https://ilove-gamelife.com/wp-content/uploads/2021/06/toritouka.png” caption=”あやめ”]ドリンクも砥石も持って行ってた過去作では少ない採取アイテム枠を2つも埋めてしまっていたので、ある意味モンハンシリーズの名物だったドリンクが無くなったことは悲しく思いますが一方で非常に便利になったとも感じていて、より新規ユーザーが参入しやすい作品に仕上がっているように思います。[/balloon_left]

[ads]

オトモの補助とガルクの騎乗で縦横無尽に移動を楽しめ!!

私のオトモ、ゴン太(犬)とポン太(猫)ww

今までのシリーズと大きく違う点は、新しく追加された種類のオトモである「ガルク」
これまた新しい要素である騎乗というシステムは、マップ間移動が無くなった広いフィールドを駆け回るために必須であり、非常に楽しめる要素の一つと言えるでしょう。

私は複数人で遊ぶ場合に連れて行くのは断然ガルク推しです。
どうしてガルクがおすすめかというと、まず騎乗できるため移動速度が格段に速くなります。
そのため広いフィールドを移動する際のストレスが減り、クエストを早く終わらせることが出来る重要な存在とも言えるでしょう。

今回も今までも同様にR1ボタンを押すことでダッシュが出来たのですが、ダッシュ状態になるとスタミナが消費されていき、スタミナが尽きると息切れしてしばらく動けなくなってしまいます。
そのため戦闘中などは特に管理をしっかりしていないと、重要な場面で動けず被弾してしまうという事も珍しくありません。

ですがガルクで騎乗移動をするとR1ボタンでダッシュに切り替わるのは一緒ですが、スタミナの消費が一切なくなるのです。
最初は早すぎてうまく曲がったりすることも難しい部分があるのですが、そのままの移動でも充分早いうえに慣れてしまえば気にならず、スタミナの消費が無い分遠慮なく走ることができるようになります。

そのため広いフィールドの美しいグラフィックを楽しむためにはぜひとも使いこなしたい存在であり、戦闘面でも大いに役に立ってくれるので、まさに頼もしい「オトモ」となってくれるでしょう。

[ads]

懐かしいあの敵も!?新敵マガイマガドとリオレウスの激闘も!!

出典:https://nlab.itmedia.co.jp/

最初の集会所クエストの難関、マガイマガド討伐が出た際の光景は今や有名かと思います。
画像はeスポーツキャスターの水上侑さんがプレイされた際の動画であったワンシーンですが、私と主人がプレイした際は縄張り争いが怖くて遠巻きに見ていた覚えが…。

正直迫力があってとても格好いい!……のですが、この頃はろくに装備も整っていないので、非常に攻撃が痛い。
たった少しかすっただけなのに、HPを1/5くらいガッと持って行かれて気づけばじり貧に、なんてことも珍しくないんですよね。
おかげで翔虫での逃げ方もだいぶ様になってきたはずなんですが(笑)

そんな様子を水上さんは実況付のプレイ動画としてTwitterにアップされていました。
そのつぶやきを見たあと、私も含めて多くの人の腹筋が破壊されてしまったようです。

こんなに格好いいシーンだからこそ、オチが余計に笑えてしまうと同時にあるあるなんですよね。
ちなみにリオレウスはモンハンシリーズでおなじみの存在ですが、マガイマガドは今作の新しいモンスターになります。
和風な感じに合わせてどこか妖怪っぽい名前ですよね、格好いいです。

またアップデートで過去のナンバリング作でボス的存在だった(はずの)バルファルクも追加され、確かDSでプレイしていたはずの私にとっては大画面であのモンスターを観ることが出来るという事で結構わくわくしています。
今夜にでも早くストーリーを進めなければと意気込んでいるのは内緒。

[ads]

オンラインで集会所に参加しよう!難所も楽々!?

あのぉ~、一緒にクエスト来てくれませんか?あなた強いの知ってるんですよ??

オンラインの集会所を利用して遊ぶ場合、NintendoOnlineでオンライン権を買わなくてはいけないのですが、私としては購入することをおすすめします。
その理由は3つあるのでご紹介。

まず1つ目は値段がそこまで高くないこと。
1年分まとめて支払うと、一人で3千円かからないくらいの値段であり、ファミリープランだと一年で4千円ちょっとで最大8アカウントまで1年間オンラインを利用して遊べるというコスパ最強なプランがあるのです。

2つ目は集会所クエストの難所を誰かに手伝ってもらえること
百竜夜行などになると、一人でやるには中々骨が折れるクエストも多くあり、新規ユーザーである場合などは特にオンラインで遊ぶ方をおすすめします。
また一人で遊んでも楽しいですが、オンラインの方が友人たちと遊べたりするため格段に楽しめる幅が広がるという部分もあるのです。

3つ目はNintendoOnlineのセーブデータお預かりサービスが利用できること
モンスターハンターに限りませんが、コントローラーをガチャガチャやる系のソフトを遊んでいる人の場合、Liteの場合は特に気を付けなくてはいけません。
Switchはコントローラーが非常に精密なもので壊れやすく、据え置きの場合はProコンを買うなどで替えが利くのでいいですが、Liteだと本体そのまま使えなくなってしまううえにProコンを使うのがシステム的に難しく、買い替えや修理の間にセーブデータを預けられるシステムが利用できるに越したことはないからです。

これ以外にも人によってはもっと利点があるとは思いますが、私が考えている利点は以上の3つ。
最初は1週間お試し期間があるので、その間にオンラインで遊ぶのが自分にとって楽しいかどうかを考えて見られるのをおすすめします。

[ads]

モンスターハンターライズのおすすめポイントまとめ

今回ご紹介した内容は、まだモンスターハンターライズを買っていなかったり、買おうかどうか迷っている方にお勧めできるポイントをピックアップしたものでした。
とはいえこれ以外にもまだまだ魅力があり、一人でもオンラインでも楽しめるゲームになっていますので、この際買ってみようかと迷っている方にはぜひ手に取って頂きたいと思います。

Point

・翔虫とガルクでフィールドを駆け回れる!
・高いところに上って絶景も楽しめる!
・里に戻ったらかわいいフクロウのペットもいる!
・武器✕固有の鉄蟲糸技やスキルでプレイスタイルに差をつけられる!
・オンラインでも一人でも楽しめる!
・下位と上位で強さが違うモンスターを楽しめる!
・過去作のボスも追加モンスターとして参戦してくる!

イベントや期間限定クエストなども続々と配信されるほか、新規参戦のプレイヤーにも遊びやすいようにちょくちょくアイテムセットなどが配られたりもしますので、今の内に初めてぜひ楽しんで欲しいです。
もしこれを読んで始められた方は、いつかオンラインのどこかでお会いすることがあるかもしれませんね。
ここまで読んでくださって有難うございました!

[ads]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次